ブロックチェーン技術を使った落ちないサイト

Webサーバはもう古い

現在のウェブサイトはクライアント・サーバ方式である中央集権的なものです。

サイトを運用する多くの会社の最大関心は、24時間365日安定してコンテンツを配信することが出来るシステムにあります。
そのためにウェブサーバの冗長化を初め、クラウドサービスや分散サーバなど様々な方法を導入し、多くの費用をかけているのが現状ですね。

通販サイトではサーバダウンは売上に直結しますし、コンテンツ配信のサーバではサービス低下によるサイトユーザにも影響してしまいますので、サーバダウンは死活問題ともいえます。

Zeronetはブロックチェーン技術を利用しウェブサイトの運用方式を変えようとしているサービスです。
コンテンツデータをユーザのバソコンに分散的に保存しておくため、ウェブサーバが必要ありません。

Zeronetが面白いところはブロックチェーンのデメリットであるデータファイルのやり取りは得意でないため、更新データのやりとりはデータファイルのやり取りに強いBitTorrentの技術を使っています。

また、インターネットに繋がっていない環境でもBluetoothやWiFiなどで通信さえできれば、ウェブページが表示することができます。
ブロックチェーンで連携されているすべてのパソコンがダウンしない限り、ウェブページを観覧することが出来るため、ウェブサイトが落ちる可能性はほぼなくなります。

表示速度延滞などの課題は残っていますが、新しいコンテンツ配信イノベーションは始まっていますね。

 

Bitcoin(ビットコイン)の暗号化技術とBitTorrentのネットワーク技術を使い検閲不能・コストゼロ・常にアクセス可能なサイトを作る「ZeroNet」

Bitcoin(ビットコイン) は 2017年10月には1BTCが65万円を突破するなど、世界的に活発な取引が行われている仮想通貨です。今最もホットな仮想通貨であるビットコインのシステムを利用して、検閲による削除が不可能・運営コストゼロ・インターネットに接続していなくてもアクセス可能なサイトが閲覧・作成できるソフトウェア「 …