希望の種を発芽させる女性からの新聞投稿

――私にも今その種はゆっくりと発芽している。

今月(2021年2月)、高知市産業政策課主催のセミナー「プログラミング中級編 イノベーション思考へのアップデート」の2回目が行われました。

昨年の10月から11月にかけて行われた1回目に続いて行われたものですが、なんと、1回目の受講生だった方が会いにきてくれました。
そして、その時のことを高知新聞に投書してくださいました!

彼女は今、ウェブライターを目指して勉強されています。
文章を書く技術を磨いて仕事に繋げるという目標を自分の中に持ち続けて、それを発芽させ、生長させ、開花させるべく日々、進まれています。

コロナ禍はまだ続いていますが、それでも少しずつ春めいてきました。
希望の種を持ち続け、意識して前を向いていこう――自分もそう思いました。