地元経済に貢献して従業員もHappyに

10万円の給付金が、ようやく各家庭に届き始めたようですね。

これとは別に、HAVASでは国に先駆けて全ての従業員に10万円が支給されました。
新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)の影響に喘ぐ地元経済に少しでも貢献することが目的です。
もちろん、従業員としても異存はありません!
喜んで貢献しちゃいました。

どのような物を買ったのか、何人かに話を聞いてみます。

ゲーム専用のキーボードとマウスとゲーミング用手袋

息子が欲しがっていた一式です。
本格的にプローゲーマを目指す第一歩のプレゼントとして買ってあげました。
今年はCOVID-19の影響で「フォートナイト ワールドカップ」が中止されて残念ですが、来年を狙ってほしいです。
友達と遊べなくて落ち込んでいた息子が喜んで、家に平和が戻りました。

防犯機能付きFAX

高齢の両親が、家にいる時間が増えました。
COVID-19に便乗して、そういう人を狙った詐欺電話が増えていると聞き、この機会に買い換えました。
着信時に自動で警告と録音開始が行われます。
これで少しでも安心できたらな、と思っています。

地元経済だけでなく、家族との「ステイホーム」生活を少しだけ穏やかに過ごすことにも貢献できたようです。

次は、国の給付金の番ですね。