Wakemae(ブロックチェーン)で利益配分の自動化で世の中を変える

『Wakemae(ワケマエ)』はブロックチェーン技術の信頼と透明性を利用した報酬分配システムで、リアルタイムでの分配を可能にすることでカネ、モノ、ヒトの流動性とそのスピードを高めまます。

スマートコントラクトを使うことにより、事前に設定していた契約などに基づいた報酬分配を自動で実行することが出来ます。

例えば、あるプロジェクトコラボレーションでA社がフリーランサーB氏に3割、ライターC氏に0.5割、払うようになっているとしましょう。
従来であれば、A社が条件を確認し、月に1度入金に基づきB氏やC氏に払う形になりますが、『Wakemae』を使えば、契約条件に基づきA社への入金と同時にB氏やC氏に自動的に支払われます。

それにより、B氏やC氏は資金の流動性を高めることが出来、よりタイムズマネーに対応することが出来ます。

『Wakemae』は仕入れを伴う小売業、レベニューシェア開発、カラオケのロイヤリティ配分、原稿料、など多くステージで利用が見込まれますが、今まで支払うことのなかったちょっとした仕事にも支払いやすくなるため、イノベーションが起こせる可能性があります。

また、『Wakemae』はプライベートブロックチェーンを採用していますので、スケーラビリティによる延滞などがなく取引スピードが早いのが特徴となります。