ミライエプロジェクト(子どもプログラミング教室)

今の時代はまさに弟4次産業革命時代と呼ばれます。

全世界的に今後20年~30年以内に採用が735万人減り、職業が今の40%がなくなると展望しています。

このような状況で今の子どもたちは未来をどう準備したらいいでしょうか。

もし、今子どもたちが将来を夢見ている職業がなくなったらどうしましょうか。

今までの第1,2,3次産業革命では人の労働力を機械が代替しました。

それで今の時代は肉体労働より精神労働を必要とする職業に従事する人たちが社会からもっと認められます。

それでは弟4次産業革命あとには何が大事になるでしょうか。

昔の人達も今の時代を想像できなかったように今の私達もどうなるかはわかりません。

しかし、予測はできます。

AIがどんどん発達し、今の精神労働を代替するのではないでしょうか。

きっとAIの下で命令を受けて仕事している人もいると予測しています。

そうしたら人間は何をするんでしょうか。

人間がAIと差別されるのは創造力ではないでしょうか。

創造力を持つ人になるためには今から準備する必要があるのではないでしょうか。

それでハバス合同会社は子どもたちの創造力を活かした教育で未来を準備するミライエプロジェクトを立ち上げます。

プログラミングを通して考える力、創造する力を教える子どもプログラミング教室を開きます。

そして子どもたちの明るい未来を支援します。