ブロックチェーン

DDos/Dos攻撃の影響を受けないブロックチェーンネームシステム(BNS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大規模なIoT機器によるDDos/Dos攻撃が昨年9月にありましたが、IoT機器の増加に比例してIoT機器を踏み台にしたDDos/Dos攻撃の破壊力は高まると言えます。

このDDos攻撃を防ぐ方法として、DNS情報をブロックチェーンにのせ分散し、多数のノードにコンテンツを配布する方法を取ることで、DDoS攻撃の影響を受けないソリューションがBNS(ブロックチェーンネームシステム)と言われています。

BNSはブロックチェーンをDNSで応用したソリューションで、従来の集中型データベースをブロックチェーン技術を用いて、分散化するものです。

この考え方は面白くかつ他のエージェントにも応用できる可能性が高いため、私達も注目しています。

DNSサーバは人間がわかりやすいWebURLでの要求を、正しいIPアドレスにルーティングします。

Webアドレスが保持されているDNSサーバは集中型で管理されているため、DDoSやなりすましのような攻撃を受ける可能性が高いです。

BNSはブロックチェーン上にアドレスを記録し、そこからユーザは完全なインデックスのコピーをダウンロードします。

各ユーザはアドレスシステムのコピーを保持しているので、DDosやなりすまし攻撃のリスクが軽減されます。

また、BNSはブロックチェーンアドレスの問題も解決します。

友人にビットコインを送る場合、「1BvBZSAYstWetqTHn5Au3m4GFg7oJaBVN2」のような、私達が理解しにくいアドレスに送る必要がありますが、BNSは「1BvBZSAYstWetqTHn5Au3m4GFg7oJaBVN2」を人間が理解しやすい名前をつけることが出来ます。

ブロックチェーン技術により社会が大きく変わると言われていますが、インターネットも例外ではなく、大きくバージョンアップすると思います。

 

Breaking Down Blockstack – Whitepaper Review – Token Economy

Note: This is Part 1 of a two-part post I’m doing on Blockstack. They have a token distribution coming up mid-November, so this is timed to hopefully educate people who are thinking about participating. Part 1 is an overview of the initial whitepaper published in May 2017.

 

Breaking Down Blockstack – Whitepaper Review – Token Economy

Note: This is Part 1 of a two-part post I’m doing on Blockstack. They have a token distribution coming up mid-November, so this is timed to hopefully educate people who are thinking about participating. Part 1 is an overview of the initial whitepaper published in May 2017.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る