ビットコインとライトコイン「ライトニングスワップ」に成功

ライトニングネットワーク上で、ビットコインとライトコインのスワップが成功しました。

ビットコインのスケーラビリティを解決する方法としてはいくつかの方法がありますが、ライトニングネットワークもその1つです。

ライトニングネットワークは弊社でもOSSのLightning Nodeを検証利用していますが、第三者を経由してペイメントチャネルで繋がっている人であれば、誰にでも送金可能出来るネットワークシステムで面白いです。

lightningnetwork/lnd

The Lightning Network Daemon ( lnd) – is a complete implementation of a Lightning Network node. lnd has several pluggable back-end chain services including (a full-node), , and (a new experimental light client). The project’s codebase uses the btcsuite set of Bitcoin libraries, and also exports a large set of isolated re-usable Lightning Network related libraries within it.

今回はそのライトニングネットワーク上で、送金だけではなくビットコインとライトコインの、異なったトークンの交換をおこなうライトニングスワップが行われました。

今まで交換と言えばアトミックスワップというやり方で、双方のブロックチェーンのハッシュキーを一致させ、交換する手法はありました。

この方法だとひとつの取引が完了するまで、何ブロックも経過する必要があるため、速度が遅くリアルタイムな売買では現実的ではない状況でした。

今回、ライトニングスワップが成功したことにより、ボトルネックとなっていたスピード及び、スケーラビリティ問題を解決する事ができます。

また、ユーザは取引所を介さないで交換出来るので、取引所への依存度を下げることもできます。

自分の仮想通貨を取引所のような第三者に預けることなく、交換ができることはビットコインのみを扱っている業者に対しても、他の仮想通貨を使って支払いができるようになるので大きな発展の可能性がありますね。

 

ビットコインとライトコイン「ライトニングスワップ」に成功 | ビットバンク マーケット情報

ビットコインのセカンドレイヤーとして最も注目されているライトニングネットワーク(LN)を開発するライトニング・ラブズ(Lightning Labs)は、テストネット上でのLNを使ったクロスチェーンスワップに成功した。クロスチェーンスワップとは、異なるブロックチェーンのトークンを交換する技術だ。 …