その他

コードレス電動モップ2種類 使用感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

事務所にコードレス電動モップが2台届きました。

丸い方が回転式モップクリーナーNEOおよそ10,000円、四角い方がコードレス電動モップ(水スプレー機能付き)およそ20,000円です。今回はこの2種類の使用感を書いていこうと思います。
あだ名がないと不便なので丸い方をNEO、四角い方を四角モップと呼びます。
2台とも組み立てが必要ですが、とても簡単なので割合します。

■回転式モップクリーナーNEO■

NEOのいいところはなんといってもサイズ感です。四角モップの半分ぐらいで場所をそれほど取りません
そしてとても軽いので、階段などの掃除には重宝しそう。
また、ハンディタイプにして使うことも可能なので壁や窓も掃除できますし、お風呂の天井などにもいいかもしれません。1台でいろんなことができると掃除の幅が広がっていいですね。

先端の部分も楕円ですがスポンジパッドも丸いです。

濡らしたパッドを、本体側の強力なマジックテープに装着します。
右パッドが右、左パッドは左に回転し床を綺麗にしてくれます。

なぜ互い違いに回転するかというと、例えば2つが同じ方向に回転したり、またはスポンジがひとつだったりすると『一方向に動いていく力』が働くそうで、そうなるといわゆる『腕が明後日の方向に持っていかれる』状態になるんだそうです。それを防ぐために互いとは動作方向を変え力を相殺するとのこと。
四角モップの方にもパッドが2つついていて互い違いに動作しますが、そういった理由があるんですね。


スイッチはこんな感じで、軽めの力でつけることができます。
モーターの動作はつけ始めの段階でもそれほど変わりませんが、ゆっくり回転するので安定しています。

汚れがどれくらい取れるかも調べてみました。
before

after

1回モップを滑らせるだけでも綺麗になってくれます。
また、スポンジが丸いので部屋の隅の掃除も楽々できます。

ただ、長く掃除しているとパッドが汚れ水分もなくなってくるので、部屋中を徹底的に綺麗にしようと思ったらこまめなケアが必要になってきます。
本体は濡らせないのでパッドを取り外す必要がありますが、前述のとおりマジックテープが強力で外しづらく、何回かやっているうちに面倒に感じてしまいました。
パッドの予備が何枚かあると楽かもしれません。

本体の使用時間は60分・充電時間は3.5時間になります。
バッテリーはリチウムイオンバッテリー7.4V。
バッテリーはスティックが重くならないようにか最下部の本体に取り付けてあるため、充電するとき少し大変に感じます。

充電開始と同時に充電ジャックの少し上にある赤いランプ(上記黄丸)が点灯し、充電終了したら消えるようになっています。

◇評価
形の良さ ★★★★☆
軽さ   ★★★★★
使い勝手 ★★★☆☆
汚れ落ち ★★☆☆☆

【長所】
・それほど場所を取らない
・使用に幅がある
・非常に軽く小回りがきく
・ハンディタイプに持ち替えられる
・比較的安価
・充電完了がわかりやすい
【短所】
・スポンジのこまめなケアが必要

総合点  ★★★★☆☆☆

■コードレス電動モップ(水スプレー機能付き)■

これなんですが、結論から言うととっても良かったです。
最初こそ『NEOよりでかいし場所取るし重そう』とか思っていたし、間違いなく場所は取るのですが、そんなことは気にならなくなるくらい床がすっきりします。家用にほしい・・・。


裏側はこういうふうになっており、こちらも本体にパッドをくっつける形になります。
このパッド片方だけでNEOよりでかいです。洗濯も可能とのこと(色移りなどは配慮する必要があります)。

そして本体に注水口があり、この中に水を入れることによってパッドを湿らさずとも水拭きができます。この機能のおかげか拭いたときに水の線が一切残らずいいです。注水用の容器も付いてるのでいたれりつくせり。


持ち手部分がリモコンハンドルになっていて、電源のオンオフ・水スプレー機能はここで操作できます。
スイッチの押し心地は軽く、モーターの動作もゆっくりしているため安定しています。
また、リモコンハンドルは本体から取り外しても使用可能です。スティックの部分をはずして使用することで、通常よりも細かい場所の掃除がしやすくなるのではないでしょうか。

驚くことに、四角モップの機能はこれだけでは終わりません。
お掃除画像と合わせて見ていきます。
before

after

とにかくひと拭きで広範囲の汚れがぐんぐん取れる上、実際の重量に対して使い心地がめちゃくちゃ軽いです。
手首から先をなんとなく動かすだけで行きたい方向へ行くことができ、重さを感じることなく心地よく掃除ができます。

また、画像の通り進行方向をライトが照らしてくれるので暗い場所でもやりやすいです。この足元照明LEDと水スプレー噴射口が同じ場所にあるので、水がどこまで噴射されたかもよく見えます。
水の使用量は目視での確認になりますが、水がたくさん入るので(230ml)そう簡単にはなくなりません。

短所を上げるとすると、やっぱり大きいことだと思います。
四角モップには『スティックが直立のときは電源が自動でオフになり、モップスティックが傾いた状態でないと動作しない』というエコな利点がありますが、スティックを縦にしないと掃除できないほど狭い場所ではそもそも電源から入りません。
ただ電源を切りたいときにスティックを直立させるだけでいいのでそういった意味では快適でした。



使用時間は50分、充電時間は3時間です。
バッテリーはリチウムイオンバッテリー11.1Vで、こちらも本体に取り付けられており少々大変です。
充電時には上画像のランプがおそらく充電30%未満だとひとつ、60%未満になるとふたつ・・・といった形で点灯していきます。おしゃれですね。

◇評価
形の良さ ★★★★☆
軽さ   ★★☆☆☆
使い勝手 ★★★★★
汚れ落ち ★★★★★

【長所】
・汚れがよく落ちる
・使用感が軽い
・水スプレー機能
・ライト機能
・パッドの洗濯が可能
・パッドのこまめな取り外しが必要ない
・直立機能があり、保管しやすい
・充電状況がわかりやすい
・おしゃれ
【短所】
・狭い場所で使用しづらい
・モップそのものは重い
・20,000円

総合点  ★★★★★★☆

■2台使ってみての感想■
20,000円の快適さを知ってしまったばっかりにまんまと四角モップがほしくなってしまいましたが、10,000円で多機能なNEOもやっぱり魅力的だなあと思います。
一台でいろんな場所を掃除したいならNEO、とにかく『雑巾絞り』のようなストレスなしに床をピカピカにしたいなら断然四角モップです。
NEOだったら車の掃除なんかもできちゃうんじゃないかと思います。水拭きした後かわいたパッドで乾拭きするのもいいかもしれませんね。
どちらも洗剤なしで使用できるので家にペットが居ても安心なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る